学生時代からFacebookやTwitterはやっていました。
会ったこともない人たちとつながりを持ち、交流を図るのはとても楽しいものがあります。
ちょっとしたエッチな会話を楽しむ、そんなことだってあったりもするんですよね。
だけど、こういう場所で出会うのってやっぱり難しいなぁっていう気持ちもありました。
出会いを探しためのものではありませんし、あくまでもコミュニケーションを楽しむツールですからね。
セフレが欲しい、セフレ募集したいという気持ちを持つようになったけれども、どうやったらいいのかさっぱり分らなかったのです。
現実の世界は絶対に難しいですよね。
特に、今は警察官という事で職場でセフレを探すのは、とても危険なことになってしまいます。
職務上もよろしい事ではありませんから、やはりまったく別の世界で相手を探さなければなりません。
だけど、FacebookやTwitterでは無理、ネットでどうやったら相手を探せるの混乱で考えるようになっていました。
決してインターネットの世界には詳しいわけではありませんから、大人のお付き合いが可能な相手を探す方法なんて分りません。
仕事が仕事ですし、やはり秘密はしっかりと守ってもらわなければ困ってしまいます。
誰でもいいというわけでもありませんし、だけど挿入して欲しいという気持ちを我慢することができません。
どうすればいいんだろうって考えながらも、結局はオナニーをしてしまうのです。
ネットで買った大きなバイブを突っ込み、快楽に耽ける日々が続いてしまっていたのでした。
そんな私のもとに中学時代の同窓会の通知が届いたのでした。

その時、閃いたのです。
同級生の中にサセ子って言われていた女の子がいて、彼女に聞けば何とかなるんじゃないのって思いついたのでした。